FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちは。
整理収納アドバイザー 吉田あみです。




きょうは幼稚園と小学校の終業式でした。



終業式あとは、
幼稚園のクラスでのランチ会に参加。




延長保育ではないママさんたちとは
普段ゆっくり話す機会がないので
たのしい1日になりました。




丸1年経ってやっと、
普通に話せるママさんたちが増えてきた~!!
(遅っ!!)



+++





この時期、子どもたちは園や学校から
大量の作品を持ち帰ってきますよね^^




みなさんその作品、どうされてますか??







その作品を残すのか、処分するのか?


残すとしたらどうやって保管しておくのか?








悩まれる方ものすごく多いと思います。
でもこれ、


正解はありません。






一般的な正解はないけど、でも、
「我が家の正解」を決めてみてください





我が家ではこうやって保管しよう!
というルール。



これさえ決めてしまえば

あー、どうしよっかな~
とりあえずクローゼットの1番上に
全部まとめて置いとくか~

(※少し前までのわたし!笑)
ってことはなくなります。





じゃあそのルール、どうやって決めるの~??
って話ですよね。。


ざっくりと、我が家でルールを決めた
手順をお伝えしますね。





1.作品を残したいのか?もういらないのか?
まずは子どもの気持ちを聞いてみる







2.子どもが残したい!という場合は
子どもと一緒に整理する

このとき、この箱に入るまでね~
など、スペースを決めておくのがオススメです





3.子どもがもう全部いらん~といった場合や、
↑の2で子どもがいらないと判断したものの中で
親が残しておきたいものがある場合は残しておく

これは、子どもが残したい!といったものと
別スペースに保管すると良いですね。




4.親子ともにいらない~!という場合は潔く処分!








我が家では、
子どもたち自身は作品に対して
「どっちでもええわ~」
という感じだったので、


作品は全部写真に撮り、アルバムの形で保存。

わたしが残しておきたいものだけ残す。



という方法にしていました^^





我が家の詳しい管理方法などは
こちらに載せているので
参考にしてみてくださいね

子どもの作品管理方法





↑で、
「という方法にしていました」と書いたのは、
今回改めて長男に聞いてみたら、
一緒にやりたい!
ってことだったので
今年からは一緒に整理することに!




子どもが残したいモノボックスと
大人が残したいモノボックスを分けて保管します◎





ちなみに。
作品の撮影は春休み中の晴れた日に!
と決めています^^

くもりでもOK。
自然光で撮ることがわたしの中での必須条件!





わたしの場合
すぐにやってしまわないと、
もう、あとでいいか~~
とズルズル先延ばしにしてしまうので^^;;







何年分も溜まってる~~!!って方、
いらっしゃいませんか??


実はわたしもつい最近まで
何年分も溜めてしまってたんですが、
やり始めると意外とさくっと終わりましたよ~!



もしよかったらこの機会に
子どもの作品の整理、始めてみてくださいね◎



まずは、子どもの気持ちを最優先で!!






■募集中のメニュー■

お片づけ相談@cafe
お片づけ相談@オンライン
お片づけ相談@LINE(メール)

詳しくはこちら

お申込みはこちら







さいごにポチッと押していただけるとうれしいです◎

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




よかったらインスタのフォローも
お願いします◎

Instagram




「もの、ごと。」のサイトに
参加させていただいてます。
暮らしに役立つヒントがいっぱい!




また遊びにきてください☆
ご訪問ありがとうございました☆



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。