こんにちは、しあです。








親・子の片づけインストラクター1級
(以下、ファミ片)を受講して、




これからの人生、大きく変わりそう!



と感じるできごとがありました。














過去に何度か書いたんですが、

2013年2月のブログ


2014年1月のブログ




長男が4歳くらいのころ

長男のことを全然かわいく思えなくて、

むしろ嫌い、ぐらいに思ってたんです。






過去のブログ記事にもあるように

その気持ちは徐々に薄れはしたけれど、




でも正直いまも長男のこと、

かわいい!!!

とは思えてないのかもしれません。






そしてその4歳頃から

ぎゅっと抱きしめてあげることが

できなくなってしまいました。









うまく説明できないんですが、


甘やかすことに対して、
やってやるもんか、
という抵抗感がすごく大きくて。



抱きしめるのが恥ずかしい、
とか、
年月が経つにつれて、
いまさらすぎるよなぁ、
とかいう思いも出てきてしまってました。






きっかけもないし、

素直にもなれないし、

このままじゃまずい!!


というのはわかってはいたんですが

もうどうしようもなくなってて。





このまま、
長男とは微妙な距離を
あけながら思春期を迎えて

そしてどんどん
離れていってしまうのかなぁと思っていました。





ダンナには、
長男が逆上して母親に危害を加える、
みたいな事件がいつか我が家で起こるんじゃないかと
本気で心配されていました。










でも、今回ファミ片1級の1日目が終わったときに、

とある課題が出されました。






詳しい内容は残念ながら言えないんですが、

この課題を聞いたとき、




これをきっかけにするしかない!!


これを逃すときっとわたしは、

一生長男を抱きしめられないままになってしまう!!!



と思いました。






帰ってから課題をして、



そのあとしばらくしてから
長男とふたりきりになる機会があったので



少し話をしてから、


何も言わずに両手を広げて手を伸ばしました。






ん???え????




一瞬戸惑った長男も、

腕の中にするりと入ってきて、



ぎゅっと抱きしめたら


おそるおそるわたしの背中に
手を回してくれました。









6年ぶりに抱きしめた長男の背中は、



離れて見ていただけのときよりもずっとずっと





華奢で、小さかったです。







こんなにも小さい子に、


なにを意地張ってたんやろう。






まだまだ守ってあげなきゃいけないのに。




いままで我慢させてたかな。




それとも意外となんとも思ってないかな?






ぼろぼろ泣いてしまったけど

まだまだ意地っ張りなわたしは

長男にはその涙を知られたくなくて、

平気なふりをしました。







時間はかかったけど、


いま、抱きしめてあげられてほんとによかった。




これがわたしの「人生変わりそうなできごと」です。






普通に毎日抱きしめて
あげられている人にとっては


え???そんなこと????っていう、

なんでもないことだと思います。


でも、わたしにとっては
大きな大きな1歩になりました。





6年。

長かったです。


長かったけど、

これを埋められるくらい、
これからは抱きしめてあげたいと思います。







こんな素敵なきっかけをくれたファミ片に、
ほんとにほんとに感謝しています。






今回も長いお話にお付き合いいただいて
ありがとうございました!












にほんブログ村テーマ 子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)へ
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)
にほんブログ村テーマ 片付け×子供へ
片付け×子供
にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ
子育てを楽しもう♪
にほんブログ村テーマ 笑顔になれる子育てへ
笑顔になれる子育て
にほんブログ村テーマ 子供と一緒に♪へ
子供と一緒に♪
にほんブログ村テーマ 子育てで感じること!へ
子育てで感じること!






さいごにポチッと押していただけるとうれしいです◎

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




よかったらインスタのフォローも
お願いします◎

Instagram



また遊びにきてください☆
ご訪問ありがとうございました☆








関連記事
スポンサーサイト



最新記事